FC2ブログ
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
  04 ,2009

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
29

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

シグナスX
かなりご無沙汰なブログ更新ですみません。
ブログ更新はしてませんが、仕事してないわけじゃありませんからね。

今回のネタはR様のご依頼でシグナスX(FI)へのオイルクーラー装着。
オイルクーラーキットはKN企画さんからリリースされてるので、
案外簡単に着くのかな!?と思ったんですが、私が甘かった。

オイルの取出しなどは専用のカバーがあり簡単なんですが、
問題はクーラー本体。
キットにはオイル取り出し様のカバー、フィッティング、ホースまでセットされているんですが、
本体を取り付けるステーがない!

取り付ける場所の指定もなし、
「取り付けれるトコに取り付けてね」って感じです。
まずは、取り付け場所から考える。

最初はボディー下部に取り付けて、一見着いてない風にしようと目論むが、断念。
次に、サイドに取り付けようと思ったが、カウルをかなり削らなきゃならず、かっこ悪いから却下。
結局、写真の位置に。
s-p1000007_20090429121949.jpg
この位置につけるには、イグニッションコイルを純正位置から移設して、
ワンオフステーを造らないと着きません。

取り付け位置も決まり、ステーも完成したところで、取り出し口を装着。
s-p1000003_20090429121949.jpg
ついで何で、オイルポンプギアも強化。
s-p1000004_20090429121949.jpg
s-p1000005.jpg

s-p1000008.jpg
こんな感じで、オイルが取り出せます。

カウルもオイルクーラーの為に加工して、外装全体を組み付け、完了。
s-p1000015.jpg
s-p1000017.jpg

R様にも満足していただけたようで、一安心。
ちなみに、クーラー側の取り出しも変更していますので、キットを買っても、このようには着けられません。

スポンサーサイト



テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク

15

Category: 新商品

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

雑誌掲載
今月発売される(されてるのか!?)「BIGMACHINE」5月号の
ETCの特集にウチのETCステーを掲載していただきました~!
(Fさん、ありがとうございま~す)
s-P1000002_20090415130704.jpg
s-P1000001_20090415130704.jpg
ETCは皆さん搭載したいようですが、機械がまったく間に合ってないようですねぇ~
4輪の車載機すら、品薄だとか、一社しか作ってない二輪用はなおさらです。
天下りのアホどもを排除して、メーカー出荷時から機械が着いてればこんなことにはならないんですが・・・

そんなこんなで、Oさんからオーダー頂いていた特注品が出来ました。
YAMAHA SRX用でステム径がφ16.5
s-P1000003_20090415130704.jpg
価格は応談です(笑)

テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク

13

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

不良品!?
昨日の日曜日は、朝は天気が微妙でしたが、
知り合いが筑波コース1000で行われる「モトピクニック」に参戦してるので、
ツーリングがてら、応援に行ってきました。
p1000004.jpg


サーキットに着いて間もなく、ピットが騒がしい。
どうしたのかと思ったら、知り合いのマシンのリアタイヤが酷い事に!

なんと、45分くらいしか走ってないのに、右側がひどいグレーニング(ささくれた状態)!
コレは、通常じゃありえない!真夏でもない。
p1000001.jpg

みんなで交換作業を急いでいたので、
僕はサービスに来ていたBSさんを捕まえ、連行(じゃないご同行願って)。
現状を見てもらうことに。

さすがにトレッドが剥がれる一歩手前ぐらいひどかったので、
BSさんも驚いていた。
しかも、このとき使ってたのは1番硬いハードタイヤ、
前例がないので、研究室逝きになりました。

写真を撮り忘れましたが、サーキット走行される方はタイヤに違和感があったら、無理はしないでください。
万が一バーストなんかしたら、大怪我じゃすまなくなるかも。
p1000002.jpg

テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク

02

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

おもちゃ!?
今日は引き取ったチョイノリを整備中。
不動の状態で引き取り、キャブを新品に換え、エンジン始動!
s-c1000001.jpg


しかし、エンジンは掛かるモノの吹け上がらない、パワーない、競歩の方が速いんじゃ!?
って感じでした。

コレはもしや?
チョイノリをお持ちの方はわかりますね!?

そうです、例のアレです。
SUZUKIはなに考えてこんな物で造ったんだ?
ばか~!!

ってことで、エンジンを下ろし
s-c1000003.jpg
ちっちゃ!
パカっと
s-p1000007.jpg
写真ボケてますが、この黒いギアが「例のアレ」、このバイクのカムシャフト
そう、OHVなんです。
s-c1000006.jpg
そしてなんと、プラスチック製なんです。

もちろん、こんなもんで造るから当然
s-p1000010.jpg
s-p1000011.jpg
わかりますよね!?カム山が削れて2/3ありません。
コレじゃ走るわけありません。

ちなみに新品は
s-p1000013_20090402161022.jpg
こんな感じで、当然山があります。安けりゃいいのか!?

しかも放置されていたのか
s-p1000009.jpg
なんですかコレは?グリスじゃありませんよ。
オイルに水が混入して乳化するとこんなことになります。

最近4サイクルのスクーターが主流ですが、オイル管理を怠ると・・・
スクーターは量も少ないので、まめに交換してください。
それが結果、1番ランニングコストが安くなります。

万が一、ヘッドやクランクが焼きついたら・・・お~コワ!

テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク