FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
  03 ,2014

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
27

Category: アライヘルメット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

アライ プロシェードシステム
㈱アライヘルメットからまたまた新作のヘルメットが登場しました。

今度のはなんとサンシェード付き!
Scan0012.jpg
昼間スモークシールドで出かけたけど、夜になってしまい、とても見辛い思いをしたことのある、あなた!
必見です(笑)

通常のシールドの外にもう1枚小さなスモークシールドがあり、開閉できるようになってます。
これで、まぶしい昼間も暗い夜道も安心。

Scan0013.jpg
既存のヘルメットにもシールドを交換することで、サンシェード付きに替える事もできますので、
興味のある方はご相談ください。

スポンサーサイト



15

Category: アライヘルメット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

V-CROSS4 発売!
v-crss4-01.jpg
㈱アライヘルメットからモトクロスライダー待望のV-CROSS4の登場です。

v-cross4-02.jpg
ゴーフルロケーターが搭載されたり、新型のダクトになったり、バイザー形状も結構変わってます。
グラフィックモデルも5月から随時発売の予定です。

V-CROSSが新しくなったってことは、次はTOUR-CROSSが新しくなるのかな!?

13

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

復活!
お客様の紹介で当店に整備を依頼してくださったI様。
数年始動することなく、保管してあった車輌を乗れるようにします。
思い入れのある車輌で、もう一度乗りたいとのご依頼です。

車輌は2002年式 Kawasaki KLX250

正直、通常であれば買い替えをお勧めする感じでした。
写真を撮り忘れましたが、タンクは全体が酷く赤錆に侵され、タンク内のガソリンは強烈なにおいを発していました。

フロント、リア共にオイル漏れを起こしており、リアサスペンションは交換が必要です。
DSCF2234.jpg
DSCF2240.jpg

まずは、キャブレターをオーバーホールし、エンジンが掛けて状態を確認しなければいけません。
幸い、オーバーホールとプラグの交換で目を覚ましました。
エンジン音は正常で、問題なさそうなので進めていきます。

ただ問題はガソリンタンクとリアサスペンション。

タンクはサビ取り剤でサビ取りをすれば、確実にタンクに穴が開く程度でしたし、
リアサスは完全に抜けてしまっていて、ロッドの損傷が気になる感じでした。
しかし、新品を買うとタンクが5万円弱、リアサスにいたっては7万5千円ほど・・・すでに予算オーバーです。

この2点はお客様に用意していただいて、問題なくクリア。

DSCF2233.jpg
こちらがリアサスペンション。下がオーバーホール済みの中古品。
上が装着されていた物です。

DSCF2235.jpg
ダンパーブッシュも新品そのもの、とてもお買い得な値段でした。

ついでにローダウンされていたのを純正に戻します。
DSCF2236.jpg
左がローダウン、右が純正のリンクプレート。

DSCF2237.jpg
もちろんフロントもオーバーホール。

DSCF2251.jpg
こちらも交換。
DSCF2253.jpg
もう見てわかりますね。(笑)

DSCF2252.jpg
レバーとグリップ、バックミラーも交換です。

それだけでは終わらなかった・・・

リアブレーキを踏んだら、グッ ス~!手ごたえありません。
仕方ない、とりあえずエア抜きをしよう・・・・!!!
フルードが出てこない? マスターのバンジョーを緩めても・・・出てこない。

はい、マスターとキャリパーのオーバーホール決定です。

DSCF2256.jpg
マスターのピストンには得体の知れない物体が!

DSCF2258.jpg
こちらにも、なんか居ます。

全てきれいにして、シール類を交換して、完成です。
昨日、乗って帰られました。

すると、本日「絶好調です」とのメールをいただきました。
苦労が報われる瞬間ですね。

07

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2014プレシーズンテストinマレーシア
まだまだ日本は寒い日が続いて、レース開幕の雰囲気ではありませんが、
あっちこっち、もうシーズンテストなどが開始され、戦いは始まっております。

そんな中、個人的に応援している名越家の次男哲平が去年のCBR250Rカップのグラチャンで、
見事3位に入賞し、本家Agia Dream Cup(ADC)への切符を手にしました。

ADCはアジアロードレースの中に組み込まれているのですが、
3月3~5日にマレーシアのセパンインターナショナルサーキットにて初のプレシーズンテストが行われました。

3月2日の深夜に羽田からマレーシアへライダーの名越哲平とメカニックであるSPTの店長が旅立っていきました。
b50fd675ebf7027e3b1600e0e8e9c21e.jpg


次の日の朝方にマレーシア入りし、ホテルへ
1393851029.jpg
ホテルは結構、快適だったようです。
エアコンの調整が難しくて、オンかオフしかないようだったと愚痴ってるのもいましたがw

この日はコースの下見の予定だったようですが、4輪とダブルブッキングが合ったようで、中止となりました。

2日目は朝みんなでサーキットへお出かけです。
1393939529.jpg

この日初めて、ADC仕様のCBR250Rに乗り、初めてのセパンサーキットを走ります。
1393940706.jpg
1393940731.jpg
さすが、F1も開催される国際サーキット!

まずはADCのスタンダードのセットで走ります。
やはり地元マレーシアの選手がダントツで速い!この日は2位を1秒近く引き離す快走。
2位は2年目の黒木選手。

哲平は初日は1秒半ほど離されての9番手。
慣れないサーキットの初日としてはまずまずでしょう。

詳しいタイムはこちら

ピットはこんな感じらしいです。
1393939973.jpg
まともな工具が用意されてなかったらしく、メカニックは苦労したようです。
1393940553.jpg

その夜、スカイプでマレーシアと会話しましたが、現地は暑く、メカニックは日射病になったそうですw
ライダーとも話しましたが、「コースになれれば、0.5くらいまでは詰めれるでしょ!?」と言うと、
「・・・がんばります」との力強いお言葉!?でした。


3日目はセッティングを各々施していきます。
車体姿勢やサスペンション、空気圧なんかもトライして、良いデータが取れたようです。

タイムの方は有言実行!やるときはやります。
トップから0.454秒差の5位に入りました。

終盤暑さのせいかタイヤが終わってしまい、目一杯は攻めてないらしいので、
まだまだタイムは伸びそうです。

次の日の早朝に成田に着いた哲平はそのまま学校に登校、テストだったそうな。
勉強も頑張れ~!

※写真はSPTの店長や忠さんのブログから勝手に拝借しております。
使ってま~す。(事後報告w)