FC2ブログ
1
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
31
  12 ,2014

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
30

Category: お店案内

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今年も一年お世話になりました。
2014年の営業も今日で終了。
新年は1月5日からの営業となりますので、よろしくお願いいたします。

本日の営業時間は18時30分までとさせていただきます。

それでは皆様、良いお歳を!

スポンサーサイト



22

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DSCF3005.jpg
今年も残すところ、あと僅か。
今年も、バイク三昧で楽しい1年でした。
これも皆さんの支えがあってこそでございます。

年内の営業は12月30日まで。
新年は5日からの営業を予定しております。


まだ、お預かり中の車輌もあるので、年内は目いっぱい頑張ります。

新年は先着8名様にご来店プレゼント(女性に喜ばれる、ハニースキンケアセット)もご用意しておりますし、
GooBikeの年賀状豪華抽選会のご応募もしておりますので、来年もよろしくお願いいたします。

05

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Force One-Fourth 続き
遅くなりましたが、前回の続き。
本戦のForce1。

DSCF2958.jpg
「#75 SPTパワーボックス&マツエセブン」と「#50 マツエセブンwithオカピー」の2チームが出走します。

#75のカウルはこの日初走行のアルファテックさんの作品。かっこいい!

#75は現役ライダーの名越兄弟なので、何の心配もありません。
予選3番手から狙うは最初から総合優勝です。
ライバルは4気筒勢、スピードでは負けてしまうので、天の見方と作戦で勝利を目指します。

#50は現役は退いてますが、二人ともロードレース経験者。
後は体力が持つかが問題です。

25dfa43fec7bdb2c872fcf75b80d63a2.jpg
ル・マン式スタートでレースがスタート。
序盤は#75は4気筒勢と争いながらトップ争いを繰り広げます。

しかし、さすがは現役ADCライダー、コンスタントに速いタイムを出し、徐々に後続を引き離していきます。
4気筒に比べると燃費の良いCBR250R(単気筒)の作戦は出来るだけ第1ライダーで引っ張る作戦。
第1ライダー哲平君が1時間半まで走り、さらに引き離します。

そして、ライダー交代の時間が第2ライダーは初代CBR250Rカップ筑波チャンピオン公助選手。
普段はST600でR6を走らせているので、久々の非力な250。
最初は様子見で、徐々にペースアップし哲平選手と変わらないタイムを刻み、トップチェッカーを目指します。

その頃、#50は3ピット4スティント作戦で順調にラップを刻みます。
勝ちを狙っていくには1ピット2スティント作戦が必須なんですが、「体力的に・・・」
やっぱりそうですよね、良く分かります(笑)

終盤に差し掛かった頃、なんと1台のマシンがほぼ全周にわたり、オイルを撒いたようで、
クラッシュが頻発!
SC(セーフティーカー)が入り、フルコースコーションとなります。

#75公助選手はコースが滑って危ない事を必死にコントロールタワーにアピール!

そんな中、#50岡田選手が帰ってきません。
なんと、このオイルに乗って2ヘアで転倒!

最後はホームストレート走行中のマシンが突如転倒する有様。
これにより赤旗が提示されレースは中止。
規定の週回数をクリアしていたので、このままレースは再スタートすることなくチェッカーとなり、
#75「SPTパワーボックス&マツエセブン」チームが総合優勝を飾りました。

9287fb04c3da3b89130bb50f965eb2f3.jpg44df2810a7520dcc131826b0868306e7.jpg

おめでとうございます!
これには忠男社長もテンションが上がってました。
最近、忠男レーシング勝ってないからなぁ~(しみじみ)

#50「マツエセブンwithオカピー」チームもドナドナされて帰ってきましたが、岡田選手に怪我もなく(最初から手首骨折してるけど)、見事完走扱いの28位でチェッカー。
お疲れ様でした。

DSCF2961.jpg
メカニックもお疲れ様でした。
今回は一人なので、大変だったようです(笑)

今回はほとんど写真を撮っていられなかったので、
いつものように
「忠男社長、勝手に貰いました~!」
事後承諾も済ませたので、大丈夫でしょう。

02

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2014耐久茶屋“筑波耐久ロードレース”《 Force One-Fourth 》
事前にお知らせしていた通り、11月28~29日は臨時休業とさせていただいて、
茨城県の筑波サーキットへ行ってきました。

いつもなら、サーキットへ行くのはSPTチームのサポートとしていくのですが、
今回は年に1回のライダーとしての参加です。

一月前に1年ぶりにサーキットを走ったのですが、重くてスピードは乗らないは、身体の切れは悪いわで、
ダメダメだったので、すこ~しダイエットをして、金曜日の練習へ

前の練習よりはだいぶ良くはなって14秒真ん中くらいは出たんですが、自己ベストには程遠い(TT)
それでも、転ぶことなく、練習は終了し、翌日のレースに備えます。

決勝、当日。
昨日と同じく4時起きでサーキットへ出発。2日連続の4時起きは辛い。
相方のライダーは前日から夜勤、明けてそのままサーキットへ(う~ん、タフ)
DSCF2957.jpg

DSCF2959.jpg
サーキットについてテントなどの準備をし、車検を受ける為に各部のチェック、装備品の準備をします。
今回は僕はメカニックをしていられないので、SPTの新人メカニック(イケメン金の卵)にメカニックを任せます。

今回、出場する仲間は4台
SPTから「SPTパワーボックス&マツエセブン」に名越公助&哲平
マツエセブンは2チーム「マツエセブン&ウサウサ&マルサ工務店」は佐々木忠之&小河原涼組と
「マツエセブンwithオカピー」から岡田真一&五十嵐進組
そして僕の乗る「ぐらべる探検隊withSPT」宮澤勝哉&僕で~す。

車検も無事通過し、予選。
しかし、ポツポツと雨が降り出し、予選前には本降りに。

まずは予選1組の「マツエセブンwithオカピー」チームが1’19.522を出します。
雨脚が強いので、タイムはイマイチ。

そして、残りの3台は予選2組。
雨脚は弱まり、良い感じです。
「SPTパワーボックス&マツエセブン」が1’13.031
「マツエセブン&ウサウサ&マルサ工務店」が1’17.912
「ぐらべる探検隊withSPT」は宮澤さんは雨の経験がないということで、僕がアタッカーに。
しかし、不甲斐なく1’21.851とぱっとしないタイム。

タイムで見ると「マツエセブンwithオカピー」とウチが予選落ちでForce2(1時間半の耐久)行きかなぁという感じだったのですが、予選1と2の雨量が違うので各組の頭取りになり、
まさかの「マツエセブン&ウサウサ&マルサ工務店」がForce2のP.P。
僕の乗る「ぐらべる探検隊withSPT」が予選7番手となりました。

宇佐美さんの第一声は「うれしくねぇ~!」でした(笑)

タイムは伸びませんでしたが、「マツエセブンwithオカピー」は「SPTパワーボックス&マツエセブン」と共に
Force1に出場が決定しました。

Force2はスタートまでにあまり時間がありません。
ブリーフィングを終え、大急ぎで準備をします。

「#70マツエセブン&ウサウサ&マルサ工務店」はP.Pから佐々木選手がスタートライダー。
「#38ぐらべる探検隊withSPT」はもちろんオーナーライダーの宮澤選手がスタートライダー。
小雨くらいの中、ル・マン式スタートでレーススタート!

#70はオープニングラップこそ他車に取られましたが、3週目にはトップに立ち他を圧倒するスピードで憂さ晴らしをしてますw
#38はスタートは出遅れ、初めてのウェットレースなので序盤はペースも25~22秒くらいのところで走ってましたが、
レインタイヤがイケると解ったのか、ペースを上げ、上位チームを猛追します。
DSCF2963.jpg
イケメン金の卵も頑張ってくれてます。

#70は全車ラップダウンにする、怒涛の走りを続けます。
ペアライダーの涼ちゃんはこの日急遽乗ることが決まり、バイクも耐久レースも初めて。
その為、忠男社長の指示で「限界まで第1ライダーで引っ張る」作戦に勝手に変更w

#38も宮澤選手のペースが良いので、僕は見つからないように隠れて準備。
後半は雨脚も強くなってきましたが、予定の時間より、多く走らせます。

50分を少し過ぎたくらいに#38がピットイン。
給油とライダー交代をして、私の出番です。
一年ぶりのレース、徐々にペースを上げていきます。
23~22秒で安定しだした頃、ヘルメットのシールドが曇り、前がほとんど見えなくなった!

アジアコーナーの縁石が見えない(恐)
ストレートでシールドを開けて拭いてみるが、焼け石に水。

やばい!どんどん見えなくなってくる。
前車を目標にしないと最終コーナーからの立ち上がり、どこが縁石かわからない(TT)
どうする?どうしちゃうの?おれ。

ピットインして拭いてもらうか?
よし拭いてもらおう!2ヘアを立ち上がりピットレーンへ。
行きかけたんですが、角度によって見えることを発見!
ピットインをやめて最終コーナーを回ります。この時1’29台w

慣れて来たのか、ラップも23~22秒くらいに戻り、何とか走らせます。
残りもわずか(だと思う。ピットサインも何も見えないw)で雨脚が弱まってきたので、
宮澤選手に負けるとうるさい人がいるので、ラストアタック!

頑張って、最後の最後、1’19.376を出して何とか怒られずに済む(笑)

#70もラスト5分くらいまで佐々木選手が頑張って、小河原選手に交代。
初めての車両で雨、しかもトップ独走中のマシンに乗るなんて緊張したろうなぁ。
しかし、見事ゴールまでマシンを導き、トップでゴール!
見事なポールトゥウィンでした!おめでとうございます。

#38も何とか5位でゴール。お疲れ様でした。
ビショビショになりながらも楽しかった。
来年は出ないとオーナーは言ってるので、今年最後かな?

公式結果はこちら

Force1に続く