FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
01

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

あ~あ~ぁ
パンクの修理でご来店のO様のフュージョン。
その他にも水温計が上がり過ぎる、スピードメーターが作動しない等、不具合があると言う事なので、
各部をチェック。

まずはパンク修理を終え、ラジエターチェック。
リザーバータンクは空、本体は?ってことでキャップを空けると・・・
s-p1000004_20100701143543.jpg
ドロドロとした物が~!!
コレは、オイルが乳化した物ですね。
ラジエターは空ではなかったので、とりあえず少し注ぎ足して。

あ~、やな予感が満点。

次のエンジンオイルへ
s-p1000006_20100701143543.jpg
やっぱり~!!!
コレでドレン外れてます。
これが出てきた全容量です。

最低でも、ヘッド、シリンダー歪み、シリンダー&ピストン大打撃、カム周りは・・・
想像したくありません。

全部治したら、買ったほうが安いので、とりあえずフラッシング
s-p1000007_20100701175405.jpg
5分回しただけで、新油がこの有様・・・

打音もかなり出てるので、ワコーズのプロステージとミリテックを注入。
大分静かにはなりましたが、マフラーからの煙はまだでます。

それでも、最初よりはかなり減ってますけどね。

O様、とりあえずはまめにオイルをチェックしながら無理なく乗ってください。
遠出は危険です。
フュージョンはウチの車では積めませんので、変だと思ったら無理はしないでください。
スポンサーサイト



テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment