FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
02

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

CBR250Rカップ
今から2~3ヶ月前のこと、
SP忠男の社長さんが「CBR250カップに出るぞ!」と言い出しました。
まぁ、いつものとおり唐突に(笑)

中野真矢さんがやるかららしいのですが・・・
当然やるからには勝つ!がモットーの方なので、チーム母体は息子さんのお店SPT
監督はもちろん鈴木忠男社長
ライダーは忠男レーシングの注目の若手「名越公助」選手!(高校1年生)
チーフメカニックはSPT店長
サブメカ&ヘルパー兼、小間使いは私。

最初はスポンサーはなしで最小限にやるつもりだった・・・らしいのですが、
ライバル!?の中野氏に負けてなるかと
車輌とヘルメットの塗装にアルファレイズ様
ヘルメットはもちろんアライヘルメット様から
レーシングスーツをRSタイチ様から(突如のオーダーで第1戦は間に合わず)
チェーンはRK様(仁さんから強引に奪い取ったとの噂もありますがw )
ハンドルをTTS様から
各オイルはエルフ様
その他有償無償を問わず、色々な方、ショップ様にご協力いただき、いざレースへ!


朝の4時半ごろSPTのお店に集合し、筑波サーキットに出発!
到着してまずはレーシングマシンらしく見えるようにカティングシートでデコレーション。
DCF00204.jpg
DCF00205.jpg
忘れてましたがマフラーはもちろんPOWER BOX(レース専用)

車検に備えてあれこれと整備していざ車検へ
一部注意された点もありましたが、無事車検をパス。

次は予選です。
今回、CBR250Rカップは筑波ツーリストトロフィーに組み込まれ、
4サイクル、250単気筒の車輌で争われるNS2クラスと混走です。
始まるまで、どんな車輌が一緒に走るかまったく知らなかった私たちですが、
相手はヤマハSRXやスズキグースなどでキャリパーなども変わり、改造範囲は結構広そう。
明らかに速そうな感じです。

しかし、始まってみるとライダーががんばってるのかトップタイムをマーク!!
そのまま予選が終了し、なんとポールポジション!
おまけにNS2クラスのコースレコードを樹立してました。(ちょっと出来すぎかな?)
DCF00207.jpg


マシンもNS2クラスには遠く及びませんがCBRクラスの中ではトップスピードは伸びてるようです。

一緒のクラスに参戦中の56RACING(言わずと知れた中野真矢さんのチーム)の名越哲平選手(公助の弟)も予選5位(クラス3位)と健闘。
お姉さんの名越友紀選手も総合10位(クラス7位)とこちらもがんばってました。

レースはお昼からなので、マッタリしながら名越さん(3人のお父さん)と話してると、
「友紀のマシンのマフラーが・・・」なんて話をしていたら、
ハイエースの後ろにPOWER BOXがもう一本あるのを思い出した。

忠男社長に「使って良いですか?」と聞くと「いいよ!」と即答w
ハイエースで寝ようとしていた店長を急かせて、
マフラーの交換とマップの変更をして、準備完了。

DCF00209.jpg
決勝はポールの公助選手がスタートをミスするもすぐに挽回しNS2クラスの車輌とトップ争い。
3週もすると哲平選手も猛烈に追い上げてきて、NS2と名越兄弟のガチバトル勃発!
ストレートの速いNS2クラスにコーナリングスピードで対抗するレース展開。

5週目、NS2クラスの車輌がトップスピードを生かしイン側から1コーナーへアプローチ。
アウトから仕掛けるCBRとラインが交錯し、哲平選手が転倒!
接触もなかったので、すぐにリカバリーしレースを続行。

それでも、公助選手とNS2クラスとのバトルは続き、
最終ラップバックストレートで話された公助選手はなんと最終コーナーでその差を生めて、
チェッカーを目指す!

ゴール!
見た目にはどっちが勝ったか解りませんでした。
ラップモニターを見るとトップはNS2・・・その差0.000秒!
前のラップの順位で決定したようです。

とても残念&悔しいですがクラス優勝。
転倒した哲平選手も総合9位(クラス6位)でチェッカー!
転倒しなければ、兄弟で表彰台に十分立てる実力でした。
DCF00210.jpg
DCF00211.jpg
DCF00213.jpg


お姉ちゃんの友紀選手も予選では1’12’655でしたが、
決勝では1’11’728と1秒近くタイムを上げ大健闘!
これはPOWER BOXのおかげか?w

DCF00215.jpg

次もこの二人の戦いは続く?
スポンサーサイト



テーマ : ★店長ブログ★    ジャンル : ブログ

Comments

メカニック
お手伝いお疲れ様でした(^ ^)

ミンクルさんもいましたよね。

モトオルソもスポンサードしないんですか?
◯◯◯◯のことなら、モトオルソ(^ ^)
Re: メカニック
ありがとうございます。

お金は出せないので、
ウチは肉体労働でサポートしてますからw

ミンクルさんはライダーの家族と仲が良いようですよ。

Leave a Comment