FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
24

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

旧車!?
DSCF1343.jpg
これも、もう旧車というべきでしょうね。
ヤマハ RZ250R

お客様が「チョークを引かないと走らない」というので、とりあえずキャブのオーバーホール。
開けて見ると・・・
DSCF1334.jpg
なにやら、泥のような物が!

これはどこから来るのかと考えると、当然タンクから来ますよね!?

DSCF1339.jpg
タンクから、ポンプで抜いた物が、これ!

水です!
黒くなってるけど、水です。

水が混入し、タンクが錆びて、あれや、これやでこんな色の液体に!

当然タンクも
DSCF1341.jpg
ごらんのような状態。
サビ取りをすれば、間違いなく、穴が開くでしょうね。
本来なら、タンク交換なんですが、今回は他の箇所の不具合等の兼ね合いと予算的なものもあり、
水を抜いて、とりあえずそのままに。

DSCF1337.jpg
キャブレターも洗浄。

鬼のように重かったクラッチも、ケーブル交換で解決!
お客様には早めの修理&部品交換をお勧めしました。


次は
もう、完全にデフォルトと化しているドゥカティのレギュレーター。
DSCF1347.jpg

また、このバイクのオーナーのOさんはトラブル時はすこぶる遠くでトラぶります(笑)
今回も下田です。
えぇ、伊豆の下田でございます。
しかも連休最終日でございますよ。

「GSで給油して、出ようとしたら、掛からない!」
「バッテリーでジャンプすると、一時的にエンジンは掛かるんだけど・・・」

はい!

もう、それはいつものヤツです。
バッテリーが空になったのでございますよ。

何故、空になったか?

それは、充電してないからでございます。
はい、レギュレーターのパンクです。

今回は過充電でなく、充電電圧の低下ですね。

Oさんは過充電も経験済み、バッテリーがパンパンに膨れ上がりますからね(笑)
最悪、車輌火災にも発展すると言う、ドゥカティのアキレス腱です。

では、車輌を引き上げに!
14時出発して、帰宅は23時30分と強制ドライブです。

後ほど、車輌を点検しましたら、充電電圧が11.6Vとバッテリーの電圧を下回る始末。
当然、レギュレーターの交換なんですが、純正は昔の物よりは良くなってるとはいえ、
振動に弱い、熱に弱い、アイドリング時の電圧が足らないと、良いとこ無しなので、
社外の日本製のレギュレーターに交換です。

DSCF1344.jpg
左が純正。 右が社外品。

DSCF1346.jpg
充電電圧もアイドリングの回転から14.3Vと良い感じです。

DSCF1353.jpg
それにしても、バッテリーが生きていたのは不幸中の幸いでした。
バッテリも交換となると出費がかさみますからね。

スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment