FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
23

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

CBR250Rカップ最終戦 続き
ST600の名越公助選手のレースも終わり。
いや~終わった終わった! って気分だったんですが、本来の手伝っているレースはこれからです(笑)

予選で自己ベストの1’10’580をだして14番グリットを獲得した名越友紀選手。
DSC_0392.jpg
レース前、変な緊張もなく、今日はやってくれそうです。

DSC_0390_201310231117227a9.jpg
鈴鹿のグランドチャンピオンレースへの切符は獲得済みの弟・哲平選手。
今回はライバルが下位のグリッドに沈んでますので、筑波初優勝のチャンスです。

しかし、今回のグリッド。
トップ10中、半分が全日本ライダー・・・レベルが高い。

いよいよ、グリッドに整列。
DSC_0393.jpg
家族や仲間達が見守ります。

DSC_0396.jpg
#45渡部翔一選手も予選でトラブルが出て、23番グリッド。
決勝での巻き返しを図ります。

決勝スタート!
スタートは無難にこなし、集団の中で順位を争います。

誰も逃げ出すことができず、15~6台での先頭集団を形成。

友紀選手もその中で、ポジションアップを狙いますが、徐々に離されて、
セカンドグループでの争いになります。

そんな中でも自己ベストをさらに更新し、1’10’139を出します。
今回はマシンのセットが決め切れない中でのタイムなので、まだまだタイムアップはできそうです。

今回は新型マフラーが当たったのか?
レディースも終わり、CBRに集中できたのが良かったのか?
分かりませんが、本来の友紀選手の速さが戻りつつあります。

しかし、まだベストに近いタイムをコンスタントには出せないようで、
最後は抜いたライダーに抜き返されて、15位でゴール。

悔しさはあるものの、手応えはつかんだようです。

一方、#45翔一選手はまたもトラブルが出て、リタイヤ。
彼は本来9秒台で走れるライダーですので、マシンを完璧にしてあげたいですね。

決勝の詳しい結果はこちら

こうして、今年のレースも終わりました。
応援に来てくれた皆様、ありがとうございました。

来年はまだ体制が決まってない様ですが、お手伝いできることがあれば、お手伝いしたいと思います。
皆様、お疲れ様でした。

56Racingと名越哲平選手はこの後、全日本併催の鈴鹿のCBRカップ、グランドチャンピオンレースと出場するそうです。

トップ目指して頑張ってください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment