FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
13

Category: 整備

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

復活!
お客様の紹介で当店に整備を依頼してくださったI様。
数年始動することなく、保管してあった車輌を乗れるようにします。
思い入れのある車輌で、もう一度乗りたいとのご依頼です。

車輌は2002年式 Kawasaki KLX250

正直、通常であれば買い替えをお勧めする感じでした。
写真を撮り忘れましたが、タンクは全体が酷く赤錆に侵され、タンク内のガソリンは強烈なにおいを発していました。

フロント、リア共にオイル漏れを起こしており、リアサスペンションは交換が必要です。
DSCF2234.jpg
DSCF2240.jpg

まずは、キャブレターをオーバーホールし、エンジンが掛けて状態を確認しなければいけません。
幸い、オーバーホールとプラグの交換で目を覚ましました。
エンジン音は正常で、問題なさそうなので進めていきます。

ただ問題はガソリンタンクとリアサスペンション。

タンクはサビ取り剤でサビ取りをすれば、確実にタンクに穴が開く程度でしたし、
リアサスは完全に抜けてしまっていて、ロッドの損傷が気になる感じでした。
しかし、新品を買うとタンクが5万円弱、リアサスにいたっては7万5千円ほど・・・すでに予算オーバーです。

この2点はお客様に用意していただいて、問題なくクリア。

DSCF2233.jpg
こちらがリアサスペンション。下がオーバーホール済みの中古品。
上が装着されていた物です。

DSCF2235.jpg
ダンパーブッシュも新品そのもの、とてもお買い得な値段でした。

ついでにローダウンされていたのを純正に戻します。
DSCF2236.jpg
左がローダウン、右が純正のリンクプレート。

DSCF2237.jpg
もちろんフロントもオーバーホール。

DSCF2251.jpg
こちらも交換。
DSCF2253.jpg
もう見てわかりますね。(笑)

DSCF2252.jpg
レバーとグリップ、バックミラーも交換です。

それだけでは終わらなかった・・・

リアブレーキを踏んだら、グッ ス~!手ごたえありません。
仕方ない、とりあえずエア抜きをしよう・・・・!!!
フルードが出てこない? マスターのバンジョーを緩めても・・・出てこない。

はい、マスターとキャリパーのオーバーホール決定です。

DSCF2256.jpg
マスターのピストンには得体の知れない物体が!

DSCF2258.jpg
こちらにも、なんか居ます。

全てきれいにして、シール類を交換して、完成です。
昨日、乗って帰られました。

すると、本日「絶好調です」とのメールをいただきました。
苦労が報われる瞬間ですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment