FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
07

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

筑波ロードレース選手権
土曜日はお休みを頂いて、筑波ロードレース選手権のお手伝いに行ってきました。
DSCF2331.jpg
お手伝いするSPTチームの渡部翔一選手。
手伝いには来てるんですが、特にやることがないので・・・

DSCF2326.jpg
こちらのチームに拉致られました(笑)
ライダーはミニバイクの重鎮。岡田義治選手。

DSCF2334_20140407191459ebf.jpg
石井千優選手もカオスデザインさんが頑張って塗ったニューカウルで頑張ります。w

その他のクラスの知り合いは
DSCF2338.jpg
tc-miniのOPENクラスに吉田正(たぁしぃー)選手。

DSCF2339.jpg
tc-miniの100ccクラスに吉島正治選手。

DSCF2340.jpg
お手伝いはmoto2で頑張る、長島哲太選手(笑)

ST600に名越公助選手。
DSCF2328.jpg

こちらの応援には
DSCF2329.jpg
88年に全日本F3チャンピオンに輝いた塩森俊修さんが!

あれや、これや、やってるうちにCBR250Rカップの予選が始まります。

DSCF2335.jpg
予選は2組に分けられ、盛況です。エンジョイも合わせるとすごい台数ですね。

お手伝いしてる2台は予選はイマイチ。決勝に期待します。

詳しい結果はこちら

そして、tc-miniの決勝。
予選2番手からスタートした吉田選手はトップを懸命に追う展開。
ポールのマシンはストレート速そうですね。

後続を少し話して2台のバトルは続いてましたが、なんと吉田選手がミス。
トップから離され、3位のマシンと急接近。

終盤は2位争いを展開。
かなりの僅差で2位を死守しました。

100ccクラスの吉島選手はスタートに失敗し、追い上げるも終盤に転倒。
悔しい結果になりました。人間もマシンも大したことなくてよかった。

次はST600決勝。
予選の結果、6番グリットから上位を狙います。
DSCF2341.jpg
DSCF2342.jpg

決勝スタート
DSCF2343.jpg
まずまずのスタートで上位につけます。

しかし、ポールからスタートのチームノリックの上和田選手のマシンが圧倒的に速い!
後続をぐんぐん引き離します。

その後方で、転倒等もあり、公助選手も3位に浮上。
決勝中に59秒台に入れるも2位の選手からも離されたまま、そのままゴール。

3位となりました。
DSCF2349.jpg
シャンパンファイトも控えめ(笑)
DSCF2351.jpg
メカニカルトラブルもあったようなので、次回に期待。
59秒台を安定して出せるようになっていくと思います。

いよいよCBR250Rカップ決勝。

DSCF2354.jpg
DSCF2353.jpg
翔一選手も岡田選手も準備万端です。

DSCF2356.jpg
予選総合27番手 渡部翔一選手。

DSCF2359.jpg
予選総合16番手 岡田義治選手。

DSCF2358.jpg
予選総合24番手 石井千優選手。

DSCF2357.jpg
今年も頑張ります。
予選総合29番手 福田充徳選手。

決勝スタート。

トップグループは5~6台で順位を入れ替えつつ、激しいバトル。

後続ではなんと福田選手が抜群のスタート!
中盤まで順位を上げます。

渡部選手と石井選手も下位から徐々に順位を上げていきます。

岡田選手はスタート直後こそ、数台でのバトルでペースを上げられませんでしたが、
中盤以降は後続車と2台で9位まで追い上げ、8位争いのグループを猛追します。
惜しくも、そのままの順位でのゴールとなりましたが、1’09’562の決勝ファステストを記録!

さすがッス!
今回初参戦で、まったくのおろしたてでこのタイム。
やはり侮れません、ベテランライダー

トップグループはベテランの薄井選手、中沢選手に若手や全日本ライダーが絡み、大混戦。
終盤、一度引いた薄井選手が何か狙ってるのはわかりましたが、計画通り、トップでチェッカーを受けました。
最後に転倒なども在ったようで、56Racingは2台とも転倒となってしまいました。

とても見ごたえのある良いレースでした。

詳しい結果はこちら

このバトルはレース好きなら、満足できると思いますよ。
「所詮250だろ」なんて言わずに一度見てみてください。

出てみたくなるかも(笑)
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment