FC2ブログ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2020

小さいバイク屋のでっかい店長のぼやき  〒144-0035 東京都大田区南蒲田3-4-22 ℡03-6324-6603


プロフィール

Moto Orso

Author:Moto Orso
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
06

Category: サーキット

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

筑波ロードレース第2戦
ご報告が遅くなってすみません。
先週の土曜日にお休みを頂いてお手伝いに行った「筑波ロードレース第2戦」の報告をさらっと。

今回のSPTパワーボックスteamはCBR250RカップDreamCUPに2台、
ST250クラスに1台の計3台のエントリー。

朝の7時前くらいに何とか到着。
エントリー受付を済ませ、車輌や工具をパドックへ運び入れます。
DSCF2493.jpg
いつもお世話になっている名越さん始め、MATUE7の方達の配慮でテントまでご用意していただいてました。
いつもありがとうございます。

無事に車検も済ませ、まずはEnjoyと混走ST250の予選です。
去年から半年以上サーキット走行をしていなかった宮澤選手。
とりあえず、転ばないように、頑張ってもらいます。

予選結果
やはり、思うようにタイムが上がりません。
まぁ、今回は人間の慣らし走行ということで。

次は応援している名越家の長男、名越公助選手のST600クラス。
序盤からペースを上げ、トップタイムを連発。
なんと!ポールポジションに輝きます。

そのご褒美に忠男社長から
DSCF2498.jpg
ニューデザインの目玉ヘルメットを託されます。
DSCF2499.jpg
DSCF2500.jpg
㈱アルファテック(旧アルファレイズ)さんのデザイン&ペイントでサイドには大きく白頭鷲ならぬ、
闘鶏がアメリカンな感じでデザインされてかっこいい!

これで、負けられません!プレッシャーが・・・イエイエ、気合が入りますw
何せヘルメットの後頭部には
CAZ6VG5G.jpg
忠魂(TADAOISM)の文字が!

そして次はCBR250RDreamCUPクラスの予選。
今年からライダーは全日本JSBクラスチャンピオン、中須賀選手がライド。
CAB5FVQY.jpg
な~んてことはなく。
装備一式を借りての走行(もちろん装備は本物の中須賀選手の物ですw)

実は今年からライダーが全日本ST600クラスで戦う篠崎佐助選手の実弟
篠崎颯輔(そうすけ)選手がSPTパワーボックスteamの車輌を操ります。
皆さん、応援よろしくお願いします。

肝心の予選はというと・・・マシントラブルで思うように走りません。

予選後、チーフメカが下した決断は・・・エンジン載せ換えよう!

は!?載せ換えるんですか???
載せ替えようのエンジンなんかあるわけもなく、乗せ替えの白羽の矢が立ったのはST250クラスの宮澤号。

レース終わってからDreamのレースまで約1時間。
載せ換えを決行することに・・・

エンジンって、走った直後は熱いんだからねぇ~!!!

そんなこんなで、ST250クラス決勝。
スタンディングスタートでのレーススタート初体験ながらスタートも無難にこなし、レーススタート!

序盤はペースが上がらず、最後尾に。
しかし徐々にペースを上げ、終盤には1台抜いてクラス5位(全体の7位)でチェッカー。
無事に帰還です。
リハビリも済んだので、次回に期待です。

さぁ!

やってきました、メインイベント!

エンジン積み替えショーの始まりです(笑)

マシンを戻すのを待ち構えていたメカ2名+私で、カウルを外し、水を抜き(いや、お湯だって!熱いんだって!)
タンク、マフラーを外し、エンジンハンガーを外して宮澤号のエンジンを下ろします。
DSCF2501.jpg

そして、事前に下ろしておいたSPT号の車体へ
DSCF2502.jpg

DSCF2503.jpg
3人がかりでの作業で時間的には余裕までありました。

作業中は気づかなかったんですが、周りには人だかりが出来ていたようです(笑)
そりゃ、そうですよね。決勝前にエンジン載せ替えなんて、鈴鹿8耐じゃないんだから!

そして、決勝。

この苦労を実らせて!    っと思ったんですが・・・
スタート直後に転倒に巻き込まれそうになり、タイムロス。

決勝の結果は18位となりました。
タイム的には1’10’925とだいぶ乗れるようになって来ました。
次回はマシンも万全にして、さらに上の位置での争いを期待しましょう。

おっと!忘れちゃいけないもう1台。
渡部翔一選手。元全日本チャンピオン塩森さんの教えを受け、めきめきと速くなっている翔一選手。
予選でトップ10に入れば、ご褒美が待っていたんですが、惜しくも11位。
次回まで、お預けです。
DSCF2496.jpg

決勝はタイムがイマイチ伸び悩み、練習で出してる9秒台に入れることなくゴール。
決勝13位でした。

前後しますが名越公助選手のST600クラス。
ポールからまずまずのスタートと思いきや、チームノリックの上和田選手がホールショット!
抜群のスタートを見せます。

その後、最終コーナーでクラッシュがあり赤旗中断。

再スタートも上和田選手に決められ、公助選手はオープニングラップで離されます。
その後もジリジリと離され、万事休す。
そのままの順位でゴール。
DSCF2508.jpg

公助選手はスタートとオープニングラップのタイムを上げないと上和田選手に勝てませんねぇ。

マシンも良いけど、上和田選手のスタートダッシュはすばらしい物があります。
レース後、挨拶に来た上和田選手はまだ少年な感じの礼儀正しい、良い子でした。

上和田選手に勝たなければ、先はないぞ!
頑張れ名越公助!

CBR250Rカップには他にも知り合いがエントリー
岡田義治選手(写真撮り忘れました、すいません)
 見事!3位表彰台。

DSCF2516.jpg
石井千優選手は颯輔とバトルしながら19位でゴール。

DSCF2515.jpg
岡くる美選手は決勝はスタート直後にトラブルが出て、リタイヤ。
残念!次は期待してるよ!
スポンサーサイト



Comments

いいね!
エンジン載せ替え・・・流石メカニック(^_^)
Re: いいね!
でも、普通スプリントでエンジン載せ替えはやりませんよ(笑)

Leave a Comment